農地法5条許可についての概要

 

農地法5条許可

〇 農地の転用目的の売買・賃借等

 

農地を転用するために売買・貸借等をする場合には、原則、都道府県知事

の許可が必要です。(農地が4haを超える場合には農林水産大臣の許可

(地域整備法に基づく場合を除く))

 

なお、市街化区域内にある農地の転用については、許可ではなくへの農業委員会

への届出が必要になります。

 

・許可基準

許可基準については農地の転用の場合と同様です。

 

採草放牧地から農地に転用するための権利移動には、5条許可ではなく

  3条許可が必要になります。

 

・採草放牧地のみの転用のための権利移動については、面積に関係なく

都道府県知事の許可が必要になります。

 

メールでのご相談

メールでの相談や質問をご希望の方は、以下のフォームから送信ください。
※迷惑メール対策などによって、返信させていただくメールが不達のケースが増えています。お急ぎの方は、お電話にてご連絡ください。

ご希望の連絡先 (必須)
メールに返信電話に連絡どちらでも可

ページトップへ戻る