株式会社の定款の作成

定款の作成について

「定款」とは、会社の組織や活動について基本的なルール を定めたのものです。この定款を作成して公証人の認証を受ける必要があります。定款の記載項目には、「絶対的記載事項」、「相対的記載事項」、「任意的記載事項」があります。

 

①絶対的記載事項

定款に必ず記載しなければいけない事項です。これを記載しないと定款が無効になります。この絶対的記載事項としては、以下のものがあります。

(1)商号

(2)目的

(3)設立に際して出資される財産の価額またはその最低額

(4)本店の所在地

(5)発起人の氏名または名称および住所

 

②相対的記載事項

必ず定款に記載しなければならないものではありませんが、定款に定めない限り、その効力が生じない事項をいいます。たとえば、現物出資、株式譲渡制限、役員任期の伸長に関する定め、種類株式に関する定めなどがあります。

 

③任意的記載事項

この事項は、その記載を欠いても定款の効力に影響がありませんが、定款に記載することで会社の決め事としての効力を明確にできる事項です。たとえば、定時株主総会の召集時期、事業年度などがあります。なお、定款外で定めることもできます。

 

公証人の認証について

定款には公証人の認証が必要となります。ただし、株式会社以外の持分会社(合名会社、合資会社、合同会社)では定款の認証は不要です。なお、定款の 認証は会社の本店所在地を管轄する公証人役場で行います。

メールでのご相談

メールでの相談や質問をご希望の方は、以下のフォームから送信ください。
※迷惑メール対策などによって、返信させていただくメールが不達のケースが増えています。お急ぎの方は、お電話にてご連絡ください。

ご希望の連絡先 (必須)
メールに返信電話に連絡どちらでも可

ページトップへ戻る