NPO法人設立の手続きについて

NPO法人設立の流れ

NPO法人の設立は、1つの都道府県内にのみ事務所を置く場合にはその事務所が所在する都道府県知事に、複数都道府県に事務所を設置する場合にはその主たる事務所の所在地のある都道府県知事の認証を得たうえで、設立登記を経てなされます。

※ 札幌市(政令指定都市にあたる)にのみ事務所を設置する場合、その所轄庁は都道府県知事ではなく、札幌市ということになりました。

 

STEP1
申請書類の作成

 

STEP2
設立認証の申請

所定の申請書に、法律に定められた必要書類を添付し、所轄庁に提出します。

 

STEP3
認証の手続き

所轄庁は、設立認証の申請を受けると、申請書の認証または不認証の決定を行います。受理した日から一定期間、定款、役員名簿、事業計画書等を公衆の縦覧に供します。

 

STEP4
登記申請

所轄庁の認証後、事務所の所在地を管轄する登記所において、認証の翌日から2週間以内に設立登記をすることでNPO法人が成立します。

 

STEP5
登記完了の届出

設立登記が完了したら、所轄庁に設立完了届出書を提出します。

 

必要書類(認証申請)

①定款

②役員名簿(役員の氏名及び住所又は居所並びに各役員についての報酬の有無を記載した名簿)

③各役員の就任承諾及び誓約書の謄本

④役員の住所又は居所を証する書面

⑤社員のうち10人以上の者の名簿

⑥確認書

⑦設立趣旨書

⑧設立についての意思の決定を証する議事録の謄本

⑨設立当初の事業年度及び翌事業年度の事業計画書

⑩設立当初の事業年度及び翌事業年度の収支予算書

 

関係法令

特定非営利活動促進法、特定非営利活動促進法施行規則

 

メールでのご相談

メールでの相談や質問をご希望の方は、以下のフォームから送信ください。
※迷惑メール対策などによって、返信させていただくメールが不達のケースが増えています。お急ぎの方は、お電話にてご連絡ください。

ご希望の連絡先 (必須)
メールに返信電話に連絡どちらでも可

ページトップへ戻る