地縁団体設立の概要

認可地縁団体とは

地縁による団体とは、「町又は字の区域、その他市町村内の一定の区域に住所を有する者の地縁に基づいて形成された団体」で、例としては町内会がこれに該当します。なお、特定の目的の活動を行う団体は上記定義に当てはまらないため、地縁団体とは言えません。

 

地縁団体の意義は、町内会の法人格取得を可能にし、法人格を得ることにより、町内会の資産として不動産を有する場合に、これまでは町内会長などの個人名義で登記をせざるを得なかった問題を、地縁による団体名義で不動産を有することができるようになったことにあります。不動産などを保有する目的がない団体には、法人格の取得は認められません。

 

地縁団体設立の要件

次の4つの要件を全て満たしている町内会や自治会が認可の対象となります。

① その区域の住民相互の連絡、環境の整備、集会施設の維持管理等良好な地域社会の維持及び形成に役立つ、地域的な共同活動を行うことを目的とし、現にその活動を行っていると認められること。地縁団体による活動が特定の活動(スポーツ活動、芸術活動のみとか)ではなく、地域社会の維持及び形成に資する地域的な共同活動(回覧板や清掃・美化活動、集会所の管理運営、防犯・防災活動など)を行うことを目的とする旨を規約に明記することが必要です。なお、「現に活動を行っていると認められる」ためには、過去1年以上の活動実績が必要です。そのため、団体が発足して1年未満の場合は認可できません。

 

②  その区域が、住民にとって客観的に明らかなものとして定められていること。河川・道路等で区域が画されているなど、容易に自治会・町内会等の区域・範囲がわかる状態であることが必要です。

 

③ その区域に住所を有するすべての個人は、構成員になることができるものとし、相当数の者が現に構成員になっていること。構成員になることができる資格は、「年齢・性別等に関係なく、その区域に住所を有する個人」ということになります。つまり、その区域に住む人すべてが加入できるということです。なお、法人や団体は構成員にはなれませんが、賛助会員等になることはできます。また、「相当数」とは、その区域の全住民の過半数です。

 

④ 規約を定めていること。 地縁団体が法人格を取得するには、以下の事項が規約に定められていることが必要です。なお、代表者・監事・総会等には民法の規定が準用されます。

1 目的
2 名称
3 区域
4 事務所の所在地
5 構成員の資格に関する事項
6 代表者に関する事項
7 会議に関する事項
8 資産に関する事項

 

地縁団体設立の流れ

STEP1
市町村との事前協議

 

STEP2
事前準備
規約案、区域図等の作成

 

STEP3
設立総会の開催

 

STEP4
認可申請書の作成・提出

 

STEP5
市町村による要件適合審査

 

STEP6
市町村長の認可・告示
※法務局への法人登記は不要です。(町内会所有の不動産の所有権移転は必要になります。)

メールでのご相談

メールでの相談や質問をご希望の方は、以下のフォームから送信ください。
※迷惑メール対策などによって、返信させていただくメールが不達のケースが増えています。お急ぎの方は、お電話にてご連絡ください。

ご希望の連絡先 (必須)
メールに返信電話に連絡どちらでも可

ページトップへ戻る